商社志望が
思いがけずSEの道へ
未来の「経営者」を目指し
経験を蓄積中です

経済学科卒 2011年入社 tdi ITコンサルティング部 コンサルタント

入社理由

「人」の魅力に惹かれ
思いもしなかった
SEの道を選びました

学生時代の私は無謀にも、大手商社一本やりの就職活動をしていました。それらが全滅して意気消沈している時、「エントリーシート不要」と聞いてこの会社の説明会に参加し、面接も受けてみました。元々SEやプログラマーにはまったく興味がなく、正直なところ完全な冷やかしだったのです。しかし面接で1時間以上じっくり話を聞いてくれたので、一気に会社への関心が高まりました。「社員に会って話をしたい」というわがままも快諾してもらい、「この会社は本当に自分のことを必要としている」と感じ、思い切って入社を決めました。

新人時代の思い出

マーカー引きでの「頑張り」が
成長の扉を開いてくれました

配属されて最初の仕事が、先輩が作成したプログラムのテスト結果を印刷して、そこにマーカーを引くという仕事でした。最初は正直「これが成長に繋がるのか?」と不安でしたが、これもシステムを完成させるために必要な作業だと考え、前向きに取り組みました。
頑張る姿を見てくれている人は、いるものです。「君はモチベーションが高い」などと言われるようになり、数カ月後には広島にある大手クライアントに単身で長期出張することになりました。そこでも一年間、必死で頑張り、なんとか結果を出せました。入社早々に「頑張れば報われる」ことを学べたのは、非常に貴重な経験でした。

現在の仕事内容

SEからコンサルへ
まだまだ挑戦は続いています

入社から3年ほどはSEとして大手証券会社のオンライントレーディングシステムの開発・保守業務を担当していました。要件定義から設計・テスト・リリースまでの開発(プログラム作成)以外を一貫して担当していましたが、開発現場で学んだ経験を糧として、自身のキャリアステップを考え、SEからコンサルタントへと異動しました。
現在はERPという企業の基幹系業務を統合して総合的な経営を行っていくためのシステムの導入提案などを行っています。最近では新人の育成も任され、人を教えることで自分自身も成長できる。そんな新鮮な手応えを日々感じています。

今後の目標

さらに経験を積み
いつか事業を企画する
仕事に就きたい

SEとして社会人生活がスタートし、現在はコンサルタントとして経験を蓄積中です。
将来的にはこれまでの経験を活かして、会社全体の事業計画を考える仕事に就くのが夢です。
SEの仕事は学生時代には想像しなかったほど面白く、クライアント企業の経営に貢献できる手応えがあります。そういった現場での知見を活かし、いつか自社の経営に携りたいと思っています。

OTHERS

PROJECT