自分の適性を見極め
異動を希望して
やりがいを発見
専門分野で
プロフェッショナルを目指す

物理学科卒 2017年入社 tdi 東日本物流システム部 システムエンジニア

入社理由

お客様と社員を常に大切に考える社風

学生時代に趣味でExcel VBAを触っていたこともあり、IT業界を志望しました。その中でtdiを選んだ理由は会社規模や業務内容の幅広さに関心を持ったことと、働いている社員の方々の話を聞いて、お客様に対してはもちろんですが、社員一人ひとりのことも大切にする社風があると感じたことが入社の決め手です。その印象は今も変わりませんね。実際に、上司や人事の方には将来はどんな仕事に携わりたいか、そのためにはどんなキャリア形成をすればいいのかなどを一緒に考えていただき、必要であれば異動の可能性も十分に考慮していただけます。

現在の仕事

大手物流会社に常駐
給与計算システムを保守・運用

多くのドライバーを抱える物流会社に常駐し、給与計算システムなどを含む基幹システムの保守・運用を担当しています。お客様は全国に支社や関連会社があり、社員数は数万人規模。社員の方の雇用形態はさまざまで、それぞれに合わせた各種の給与計算式があるため、毎月の給与と年2回の賞与、年末調整の明細データなど複雑に絡み合った計算を給与担当の方と連携しながら期日までに完璧に仕上げることができたとき達成感を感じます。
計算結果は決して間違いがあってはいけないため、人事部や関連会社との間で個別の確認作業が多く、細心の注意を払う必要がありますが、新しい専門知識をどんどん吸収できることにやりがいを感じています。

この会社の良さ

一人ひとりの適性を活かす
柔軟なキャリア形成が可能

最初に配属された部署では、クライアントとの折衝を多く求められる仕事内容が自分には合わないと感じ、自信を無くしてしまいました。「もっとプログラミングに専念したい」とキャリア形成について上司に相談したところ、現在の部門への異動を叶えていただき、やりがいを見出すことができました。
それは当社が幅広い業界のお客様と取引があり、業界に合わせてさまざまな部門があること、そして多岐にわたる業務を行っているからこそ可能なことだと思います。
いま振り返れば「人との交渉能力も磨くべきだったな」とは思いますが、当時の自分はベテランの先輩たちについていくだけで精一杯でした。当社では自己申告制度があり、社員一人ひとりの適性や志向にしっかりと向き合って相談に乗ってくれる仕組みがあります。現在自分が心底楽しみながら仕事ができているのは、こうした制度が整備されているおかげです。

今後の目標

給与計算システムという専門分野の
プロフェッショナルを目指す

現在の課題は、関連会社ごとに違う給与計算の設定方法などを誰でも分かるように手順書を作ること。お客様は歴史の長い会社なので、業務の属人化や古いシステムの使用方法がよく分からないなどの問題が多く発生しており、それを解決していきたいと考えています。
給与計算システムは、システムに関する知識だけではなく、賃金関連の法律などの専門知識も必要とされる特殊な分野です。しかし、極めれば非常に面白いと感じており、とてもやりがいのある仕事に出会えました。
将来はこの分野のプロフェッショナルを目指したいと考え、現在休日にも自主的に勉強して知識を深めているところです。

OTHERS

PROJECT