1. HOME
  2. 会社情報
  3. コンプライアンス

会社情報

コンプライアンス

高い倫理観に根ざしたコンプライアンスの遵守をとおして、社会的規範を示すことにより、企業価値をさらに向上させ、高度な情報技術でユビキタス社会の創造に貢献します。

コンプライアンス行動指針

当社グループは、法令・社会規範に則り、お客様、株主、取引先、社員をはじめとする全てのステークホルダーからの信頼に応え社会的責任を果たすために、次の指針により企業活動を推進します。

  • 社会規範に準拠のうえ
  • 法令・諸規程を遵守し
  • 誠意を持った行動により
  • 信頼される会社を目指します

コンプライアンス行動規範

総則

社会規範の尊重 法令を遵守することはもとより、社会規範に準拠し、良識ある企業活動を心がけます。

社会との関係

透明な経営 企業としての社会的責任(CSR)を深く認識し、社内外の意見を積極的に受け止め、説明責任が果たせるよう事業活動に努めます。
倫理の尊重・人権の保護 社会倫理・道徳を尊重するとともに、あらゆる差別に反対して人権を保護し、心豊な社会生活の実現に努めます。
反社会的勢力の否定 反社会的勢力とは決して関係は持たず、圧力を受けた場合は毅然とした対応に努めます。
地域貢献 明るく住みやすい社会を目指して、地域社会への貢献に努めます。
環境保全 地域環境を守る担い手として、環境への負荷軽減、資源の有効活用に努めます。

取引先との関係

誠実な対応 誠意をもって対応し、自由で透明性のある適切な取引関係の維持に努めます。
節度ある応対 社会常識の範囲を逸脱した接待・贈答は行わず、また受けません。
権利の保護 取引先の権利を尊重し、知的財産権の侵害や企業機密漏えいの防止に努めます。

社員との関係

人権尊重・差別禁止 人権と人間性を尊重し、健全な職場環境を維持することに努めます。
ハラスメントの防止 人としての尊厳を侵害する不当な言動は、一切行いません。
安全かつ衛生的な職場環境 安全で衛生的で働きやすい職場環境の維持整備に努めます。

会社・会社財産との関係

規程・規準の遵守 規程・規準に則り、厳正に業務を遂行します。
利益相反禁止 会社との利害関係の対立を起こすような行動はしません。
機密・個人情報の管理 機密・個人情報は適切に管理し、社内外への漏えいを防ぎます。
会社財産の適切な管理 会社財産の私的利用を禁止するとともに、適切な管理・保全に努めます。
知的財産の保護 知的財産の重要性を認識し、その権利の保護に努めます。
適正な経理処理 企業会計原則、会計基準等を厳守します。

付則

規範の適用範囲 この規範は、役職員、派遣契約やパートタイム契約を結んでいる者等、当社グループに働く全ての者に適用します。

コンプライアンス推進体制

当社では、法令・社会規範を遵守する「コンプライアンス」と「リスクマネジメント」を一体として管理推進し、より公正で透明な経営システムの構築を目指すことを目的に「リスク・コンプライアンス委員会」を設置しています。この「リスク・コンプライアンス委員会」の活動を通じ、社内にコンプライアンス風土を醸成し、より規律ある経営を目指し企業活動の健全化を推進しています。

企業倫理ホットライン(社内通報制度)

当社では、役員、社員等の組織的又は個人的な法令違反・不正行為、企業倫理上問題のある行為に関する相談又は通報を受け付ける制度として、「企業倫理ホットライン」(社内通報制度)を制定しています。この社内通報制度の導入により、企業としての自浄機能の強化を図り、コンプライアンス態勢を更に充実させています。

通報内容は、直ちに調査を行います。そして必要に応じて、改善や是正措置及び再発防止措置がとられることになっています。また「内部通報規則」において、通報者の秘密の厳守、通報者に不利益な処遇がなされないこと、公平・公正な調査、通報者への調査結果の報告などを定めています。

企業倫理ホットラインは、法令・規則違反、不正行為以外にも困っていることや、疑問に思っていることなども受け付けています。利用は実名、匿名どちらでも利用できます。

コーポレートガバナンス

情報技術開発株式会社は、 「情報技術で未来を創造」 「人にやさしく心あたたかな企業に」 「社会に親しまれ貢献する企業に」 という企業理念のもと、日本の経済社会の進展と明るく美しい未来を創造するために積極的に事業を展開しております。

内部統制システムの整備に関する基本方針 (最終更新日:2016年5月25日)
© T.D.I Co.,Ltd. All rights reserved.