1. HOME
  2. ソリューションサービス(カテゴリー一覧)
  3. PC稼働実態見える化「タイムフォレンジック」

ソリューションサービス

PC稼働実態見える化「タイムフォレンジック」

PC稼働実態を見える化、適切な労働時間管理の実現

昨今、多くの企業で在宅勤務などテレワークの導入が推進されるなか、自己申告ベースの勤怠時間と実態とで乖離が発生している可能性が指摘されています。
タイムフォレンジックでは、従業員が使用しているPCのイベントログ(ログオン、ログオフ、スリープ等)をタイムリーに収集しているため、自社の勤怠管理システムと連携活用していただくことにより、長時間労働の検知による従業員の健全な労働時間管理を実現します。
また、Windows OSに限らず、Mac OSにも対応しております。

PC稼働実態見える化「タイムフォレンジック」の特長

1.シンプルな機能

ログオンやログオフ、スリープやロック解除等のPC稼働ログのみを収集するので、機能を抑えることでコストやアプリケーション同士のトラブル等も最小限にすることができます。
 

2.軽いプログラム・通信量

プログラムサイズが非常に小さいので、クライアント端末に常駐していてもメモリやCPUをほとんど消費しません。

 

3.確実にログを収集

収集したログはリアルタイムにサーバーへ送信されます。また強制的にシャットダウンを実行した場合や、Windows10の高速スタートアップにも対応しています。

 

4.リアルな勤怠時間の収集

ログオンやログオフ以外にも、スリープ/ロック/ロック解除/スクリーンセーバーの計6イベントを収集しているので、シャットダウンせずに終了した場合などもより正確に勤務時間の実態を把握することが可能です。
 

選べる利用環境

オンプレミス環境は勿論のこと、2021年1月よりSaaS版も提供開始しました。
よりセキュアに管理したい方はオンプレミス環境を、手軽に管理をしたい方はSaaS版など
2つの利用方法から選んでいただくことが可能です。

仕様・動作環境

サーバー動作環境(オンプレミス環境の場合)

・Windows Server 2012 R2/2016/2019
・Internet Information Services 8.5/10.0
・SQL Server 2014/2016/2017 
 

クライアント動作環境

・Windows 8.1、10 *1
・MacOS 10.13、10.14、10.15

*1 Microsoft社がサポート終了しているバージョンは対象外となります。
 

導入実績

多くの優良企業様が導入されています。

・住設機器:約46,000台 ・建設業:約18,000台 ・化学:約15,000台
・建設業 :約12,000台 ・運輸業:約11,000台   ・IT :約5,000台

展示会出展のお知らせ

2021年6月16日(水)~6月18日(金)の3日間、「Japan IT Weekオンライン」において、「DX、マイグレーション、テレワークを強力にサポート」をテーマに本サービスを含むソリューションを出展いたします。
本展示会にアクセスの際は、ぜひ当社ブースページまでご来場いただければ幸いです。
 

Japan IT Weekオンライン https://www.japan-it-online.jp/

会期:2021年6月16日(水)~6月18日(金)10:00~18:00
会場:オンライン(※入場にはログインが必要です。ご来場の際には事前に下記フォームよりご登録ください)
 

【来場者登録のご案内】
 https://regist.reedexpo.co.jp/expo/ITOL/?lg=jp&tp=inv&ec=ITOL

関連ソリューションサービス

長時間労働対策

  • 長時間労働対策

    社員の労働実態を一括管理し、長時間労働を抑止することで適正な労働時間管理を実現します。

    View More

労働時間管理

  • テレワークの“リアル”がわかる「Virtual Manager」

    ユーザごとのPCの操作画面と稼働率を視覚化。働く場所を問わずPCでの作業内容を把握できるだけでなく、就労管理、過重労働管理のサポート、新入社員や若手社員のメンタルケア、第三者の目としての不正行為抑止など様々な用途に活用いただけます。

    View More
  • 長時間労働対策

    社員の労働実態を一括管理し、長時間労働を抑止することで適正な労働時間管理を実現します。

    View More
© T.D.I Co.,Ltd. All rights reserved.