tdiグループ 情報技術開発株式会社

WORKS|仕事内容・先輩

入社理由

教育研修制度が充実していると聞いて、
それなら入社後も安心だと思いました。

大学時代にちょうどIT革命が騒がれていて、IT企業に勤められたらいいな、と思っていました。プログラミングに興味があり、ソフトウェア開発に携わりたいと考えていたんです。そんな中で出会ったのが、当社グループでした。教育研修制度が充実している、という話を会社説明会で聞いて、それなら入社してからも安心だな、と思いました。実際、湯河原にグループの研修施設が用意されているなど、教育体制はとても充実していました。
入社前、人事の方からグループの詳しい事業内容を説明してもらったんですが、その中で、学生時代に学んでいた半導体関連の業務にも興味が湧き、最終的には半導体エンジニアになりました。

新人時代の思い出

自分が作成した評価用プログラムが
意図した通りの結果を生んだときの達成感。

半導体エンジニアは、半導体製品の評価や不良解析を担います。それを行う半導体テスターを動かすためのプログラムを作ります。いろんな条件をプログラムに落として、半導体テスターを走らせてテストをしていきます。
テスティングには、いろいろなプロセスがありますが、新人時代に担当したのは、量産関係の不具合確認でした。わからないことだらけで、先輩から教わったことを習得するので精一杯でしたが、良い先輩に恵まれて、たくさんのことを学ぶことができました。
不良品の不具合再現確認を実施している中で、自分が作成した評価用プログラムで、意図した通りの結果を得られたときはうれしかったですね。あのときの達成感が今の自分につながっていると感じています。

現在の仕事内容

半導体の基本動作確認や不具合確認を
シミュレーション上で実施しています。

スマートフォン等に用いられる半導体製品の評価・解析を行っています。これまでは量産関係から始まり、製造段階、前工程のウエハ上のサンプルに対して、不良がないかを確認する評価・解析業務が主でしたが、この1年は回路設計後の基本動作確認や不具合確認を、シミュレーション上で実施する業務にも着手するようになりました。評価・解析の経験を活かして設計にも携わることになるので、より高度なスキルが求められるようになっています。
半導体を動かすために、自分で考えて、プログラムをつくるのが基本。思った通りに動いてくれて、不具合解消に寄与するプログラムをつくることができたときに、喜びを感じますね。普段はお客さまのところで、お客さまのチームと一緒に仕事をしていますが、高価な半導体テスターが自社内にもあるので、案件によってはそれを使うこともあります。みんなでスキルレベルを上げていこうと、勉強会などでスキル共有もしています。

今後の目標

半導体テスティングの
プロフェッショナルを目指していきたい。

半導体は大変な進化を遂げてきました。チップは小型化、動作周波数は高速化、消費電力はどんどん小さくなっています。集積化も進んでいる。それだけ評価・解析も難しくなってきています。変化が激しく、新しい技術や知識が求められる中で、常に新しいことを柔軟に対応して、お客さまのモノづくりに付加価値を提供できる技術者になれるよう、努力していきたいと考えています。
また、自分自身がリーダーとして、周囲と連携し、メンバーを引っ張り、巻き込みながら目標を達成できるような人材に成長していきたいと思っています。
半導体は大学でも学んでいましたが、社会に出て見ることができたのは、はるかに高い精度の半導体でした。新たに学ぶことは本当に多かったし、新しい世界を見ることができたことは本当に刺激的でした。半導体テスティングのプロフェッショナルを、これからも目指していきます。

入社理由

教育研修制度が充実していると聞いて、
それなら入社後も安心だと思いました。

大学時代にちょうどIT革命が騒がれていて、IT企業に勤められたらいいな、と思っていました。プログラミングに興味があり、ソフトウェア開発に携わりたいと考えていたんです。そんな中で出会ったのが、当社グループでした。教育研修制度が充実している、という話を会社説明会で聞いて、それなら入社してからも安心だな、と思いました。実際、湯河原にグループの研修施設が用意されているなど、教育体制はとても充実していました。
入社前、人事の方からグループの詳しい事業内容を説明してもらったんですが、その中で、学生時代に学んでいた半導体関連の業務にも興味が湧き、最終的には半導体エンジニアになりました。

新人時代の思い出

自分が作成した評価用プログラムが
意図した通りの結果を生んだときの達成感。

半導体エンジニアは、半導体製品の評価や不良解析を担います。それを行う半導体テスターを動かすためのプログラムを作ります。いろんな条件をプログラムに落として、半導体テスターを走らせてテストをしていきます。
テスティングには、いろいろなプロセスがありますが、新人時代に担当したのは、量産関係の不具合確認でした。わからないことだらけで、先輩から教わったことを習得するので精一杯でしたが、良い先輩に恵まれて、たくさんのことを学ぶことができました。
不良品の不具合再現確認を実施している中で、自分が作成した評価用プログラムで、意図した通りの結果を得られたときはうれしかったですね。あのときの達成感が今の自分につながっていると感じています。

現在の仕事内容

半導体の基本動作確認や不具合確認を
シミュレーション上で実施しています。

スマートフォン等に用いられる半導体製品の評価・解析を行っています。これまでは量産関係から始まり、製造段階、前工程のウエハ上のサンプルに対して、不良がないかを確認する評価・解析業務が主でしたが、この1年は回路設計後の基本動作確認や不具合確認を、シミュレーション上で実施する業務にも着手するようになりました。評価・解析の経験を活かして設計にも携わることになるので、より高度なスキルが求められるようになっています。
半導体を動かすために、自分で考えて、プログラムをつくるのが基本。思った通りに動いてくれて、不具合解消に寄与するプログラムをつくることができたときに、喜びを感じますね。普段はお客さまのところで、お客さまのチームと一緒に仕事をしていますが、高価な半導体テスターが自社内にもあるので、案件によってはそれを使うこともあります。みんなでスキルレベルを上げていこうと、勉強会などでスキル共有もしています。

今後の目標

半導体テスティングの
プロフェッショナルを目指していきたい。

半導体は大変な進化を遂げてきました。チップは小型化、動作周波数は高速化、消費電力はどんどん小さくなっています。集積化も進んでいる。それだけ評価・解析も難しくなってきています。変化が激しく、新しい技術や知識が求められる中で、常に新しいことを柔軟に対応して、お客さまのモノづくりに付加価値を提供できる技術者になれるよう、努力していきたいと考えています。
また、自分自身がリーダーとして、周囲と連携し、メンバーを引っ張り、巻き込みながら目標を達成できるような人材に成長していきたいと思っています。
半導体は大学でも学んでいましたが、社会に出て見ることができたのは、はるかに高い精度の半導体でした。新たに学ぶことは本当に多かったし、新しい世界を見ることができたことは本当に刺激的でした。半導体テスティングのプロフェッショナルを、これからも目指していきます。