tdiグループ 情報技術開発株式会社

WORKS|仕事内容・先輩

入社理由

得意な「縁の下の力持ち」の仕事と
充実した研修に惹かれて、入社しました。

情報系の専門学校でプログラミングやアプリ開発を学びましたが、正直、プログラムはあまり得意でないと感じていました。先生から「運用やインフラ系の仕事をする会社もある」と当社を紹介され、そこで初めてインフラエンジニアの存在を知りました。自分は、小さな工夫をしながらコツコツ取り組む作業が得意なので、腰を据えて社会を支えるこの仕事に、とても魅力を感じました。
面談で会った先輩社員もみんな穏やかな良い人で、研修も充実しており、「ここでなら、インフラエンジニアという未知の仕事にも挑戦できる」と思い、入社しました。

新人時代の思い出

「不可能を可能にするのがエンジニア」。
先輩の言葉から誇りを学びました。

本格的な仕事が始まった入社2年目、私はメーカーでサーバーの管理を担当しました。ある日クライアントから「新しくリリースしたデータの内容を運用でチェックしてほしい」という依頼を受け、私がチェック用のプログラムを組むことになりました。
調べると、データには形式の違う2種類が存在し、処理を分ける必要があることがわかりました。今なら苦もない作業ですが、新人の私はどうしたらいいかわからず、「最悪、手作業でデータを仕分けすればいいんですよね」と弱音を吐いてしまったのです。すると先輩に、穏やかな口調で言われました。「できないことをできるようにするのが、エンジニアの仕事なんだよ」。
私はハッとして、懸命に本を読み、なんとか完成させました。このときに学んだエンジニアの誇りと妥協しない姿勢は、今も私の支柱です。

現在の仕事内容

大手損保で、データ参照システムの
保守と更新を担当しています。

大手損保会社に常駐し、外部から基幹データを参照するための中継基板の保守と更新を担当しています。
契約内容などを参照するために、日本中の様々な端末から、様々なサブシステムを経由して、基幹データへのアクセスが行われます。その際に、互いが読み込める形にデータを変換するのが中継基板。保険商品はほぼ四半期ごとに変更されますので、そのたびに基板も更新することになります。私はサブリーダーとして、どこをどう変更するか、次にどんな基板を入れるか、営業的な意味も含めた交渉を担当しています。
品質に妥協のないお客さまの期待と信頼に応えられるよう、常に「次」を考える毎日です。

今後の目標

ITILエキスパート資格を取得。
さらに大きな仕事に挑みたいです。

インフラシステムを長期的な視点でとらえ、ベストなライフサイクルを構築するITILエキスパート資格を、2013年に取得しました。tdiグループでも2名しか持っていない上位資格です。これを活かして、インフラシステムに関するコンサルティングや運用設計など、より大きな仕事にチャレンジしたいと考えます。上司として、部下に「その先のキャリア」を示してあげるのも重要な役割だと思っています。若手が前向きに、安心してチャレンジできる会社を作りたいと願っています。

入社理由

得意な「縁の下の力持ち」の仕事と
充実した研修に惹かれて、入社しました。

情報系の専門学校でプログラミングやアプリ開発を学びましたが、正直、プログラムはあまり得意でないと感じていました。先生から「運用やインフラ系の仕事をする会社もある」と当社を紹介され、そこで初めてインフラエンジニアの存在を知りました。自分は、小さな工夫をしながらコツコツ取り組む作業が得意なので、腰を据えて社会を支えるこの仕事に、とても魅力を感じました。
面談で会った先輩社員もみんな穏やかな良い人で、研修も充実しており、「ここでなら、インフラエンジニアという未知の仕事にも挑戦できる」と思い、入社しました。

新人時代の思い出

「不可能を可能にするのがエンジニア」。
先輩の言葉から誇りを学びました。

本格的な仕事が始まった入社2年目、私はメーカーでサーバーの管理を担当しました。ある日クライアントから「新しくリリースしたデータの内容を運用でチェックしてほしい」という依頼を受け、私がチェック用のプログラムを組むことになりました。
調べると、データには形式の違う2種類が存在し、処理を分ける必要があることがわかりました。今なら苦もない作業ですが、新人の私はどうしたらいいかわからず、「最悪、手作業でデータを仕分けすればいいんですよね」と弱音を吐いてしまったのです。すると先輩に、穏やかな口調で言われました。「できないことをできるようにするのが、エンジニアの仕事なんだよ」。
私はハッとして、懸命に本を読み、なんとか完成させました。このときに学んだエンジニアの誇りと妥協しない姿勢は、今も私の支柱です。

現在の仕事内容

大手損保で、データ参照システムの
保守と更新を担当しています。

大手損保会社に常駐し、外部から基幹データを参照するための中継基板の保守と更新を担当しています。
契約内容などを参照するために、日本中の様々な端末から、様々なサブシステムを経由して、基幹データへのアクセスが行われます。その際に、互いが読み込める形にデータを変換するのが中継基板。保険商品はほぼ四半期ごとに変更されますので、そのたびに基板も更新することになります。私はサブリーダーとして、どこをどう変更するか、次にどんな基板を入れるか、営業的な意味も含めた交渉を担当しています。
品質に妥協のないお客さまの期待と信頼に応えられるよう、常に「次」を考える毎日です。

今後の目標

ITILエキスパート資格を取得。
さらに大きな仕事に挑みたいです。

インフラシステムを長期的な視点でとらえ、ベストなライフサイクルを構築するITILエキスパート資格を、2013年に取得しました。tdiグループでも2名しか持っていない上位資格です。これを活かして、インフラシステムに関するコンサルティングや運用設計など、より大きな仕事にチャレンジしたいと考えます。上司として、部下に「その先のキャリア」を示してあげるのも重要な役割だと思っています。若手が前向きに、安心してチャレンジできる会社を作りたいと願っています。