tdiグループ 情報技術開発株式会社

RECRUITING|採用情報

FAQ

皆様から良くいただく質問を、いくつかお答えしています。会社研究のひとつとしてご利用ください。

● 入社後について

職場環境
勤務態様について教えてください

9:00−17:30(実動7時間半)をベースとしていますが、職種によって異なります。
例えば開発職では裁量労働制を導入しており、自己の裁量に基づいて業務遂行しています。
また、スタッフ職ではフレックスタイム制を導入しておりますので、月の繁忙に合わせて勤務時間を調整し、仕事をすることが可能です。

勤務地はどのようにして決まるのでしょうか?

皆さんの希望勤務地を面接の際にお聞きし、そのご希望にできるだけ沿えるように配慮して決定します。
必ずしも本人のご希望通りになるとは限りませんが、面接では自分の希望を正直にお伝えください。
内定後に各人の適性や各部署のニーズを踏まえて相談の上決定します。
【東京】tdi情報技術開発/TDISS 【関西】tdi情報技術開発/TDISS 【中部】tdi情報技術開発/TDISS/TDIPS
【新横浜・橋本】TDIPS      【九州】tdi情報技術開発

異動・転勤はありますか?

異動・転勤については、育成計画に沿った社員のキャリアアップの為、または事業促進を目的として発生します。
ですが、若手社員のうちは引越を伴うような異動・転勤は多くはありません。
異動に際しては、本人にヒアリングを行い、意向を十二分に考慮するようにしています。

寮はありますか?

tdiグループで保有している社員寮が東京地区と関西地区で計4ヶ所あります。(東京地区:下丸子、聖蹟桜ヶ丘/関西地区:魚崎、塚口)
満室の場合や、配属先が東京、関西以外の場合には、当社が提携しているアパートを貸与しています。
ただし、入寮できる条件は、東京地区で自宅から片道2時間以上、関西地区で自宅から片道1.5時間以上の通勤時間を要する方、かつ会社が認める単身者としています。

制度
入社後の社内教育制度について教えてください

tdiグループでは、「人」が最大の財産と考えておりますので、人材の育成には特に力を入れています。
新入社員研修では、ビジネスマナー、社会人としての基礎教育、技術研修をしっかりと実施します。
文系出身でコンピュータに関する知識の少ない方でも、新入社員研修を一通り受けられた後には職種により内容は異なりますが、基本的なプログラミングや1人でサーバー構築ができるぐらいのIT基礎を習得することができます。
この新入社員研修では、達成感のあまり涙する新入社員もいるほどです。
各部署に配属された後には、ヒューマンスキルを磨く人材研修、ITテクニカルスキルを取得する技術研修、そして自己啓発の為の研修と併せてOJTやメンター制度を導入するなど、自身のキャリアアップに向けた教育制度を整備しています。

仕事と育児を両立できる制度はありますか?

性別に関わらず、仕事と育児が両立できる様々な支援を行っております。
育児休業制度や育児短時間勤務制度に加え、育児休業中のフォローアップ制度、復職支援制度、こども休暇、託児所費用の補助など、制度が充実していますので、結婚・出産をしても安心して勤務を続けることが可能です。もちろん男性社員も上記制度の利用ができます。
このようにtdiグループでは社員のワークライフバランスの支援には力を入れております。

資格取得の為の支援などはありますか?

当社は資格取得者への支援にも力を入れており、資格取得奨励金制度があります。
一部をご紹介しますと、技術士や中小企業診断士の120万をはじめ、IT初級者に求められる知識レベルを問う基本情報技術者試験、応用情報技術者試験等にも奨励金を設定しています。
資格取得奨励金制度の詳細はこちらをご覧ください。
資格取得奨励金制度ページ

● 仕事について

文系出身でもエンジニアとして活躍できますか?

tdiグループでは文系出身の方でも各種エンジニアとして立派に活躍しています。
お客様のビジネスをより付加価値の高いものとするためには、こちらがお客様のニーズを読み取り最適な企画提案を行うことも必要です。
そのために、コミュニケーション力・プレゼンテーション力・文章力などは各種エンジニアにとっても大切なスキル要素になります。
もちろんITの知識や技術も必要になりますので、入社後に日進月歩で変化するIT技術を継続的に勉強していく姿勢は必要です。

ITに関してあまり自信がないのですが・・?

tdiグループの自慢の一つが研修体系です。
ITに自信のない方でも、コンピュータやネットワーク等に少しでも興味を持ち、学ぶ姿勢があれば、研修で基礎がしっかりと身につきますので安心してください。
実際IT知識をしっかりと身につけて入社される方はほんの一部ですし、入社後に体系的な知識や技術を身につけた方が活躍している事例もたくさんあります。

入社5年後、10年後はどういう仕事をしていますか?

優秀な人の場合、入社5年程でPL(プロジェクトリーダー)となって、5名程度のプロジェクトをまとめる役割を担っています。
また、プロジェクトをまとめながら会社の「顔」としてお客様と会話し要件定義やシステム設計、細かい要望にも柔軟に対応します。
10年後にはPM(プロジェクトマネージャー)としてプロジェクトの全体を管理、コントロールするマネジメントを専門にするか、技術を極めるか、自分に合った選択をしていきます。
どちらの場合でもお客様の課題に対して、答えをきちんと見つけ出す、そして、お客様をその課題解決へ導く提案もしていきます。
技術力はもちろんのこと、顧客とのコミュニケーション力、プレゼンテーション力、課題解決力なども必要になってきます。

入社前に勉強しておくことはありますか?

新入社員研修でしっかり学んでいただきますので、入社前は特にありません。
学生のうちに出来る事を全力で取り組んでください。それが社会人になったときに一つの糧になることもあります。
最低限これだけは知っておいてほしい知識(基本的なビジネスマナー等)については、内定後にこちらからお知らせします。

● 採用について

会社説明会に参加したいのですが。

毎年随時開催しています。
説明会では、tdiグループの目指す姿と強み・弱み、募集職種の仕事内容を中心に説明します。
一方的な説明で終わるのではなく、訪問して下さった学生の皆様一人ひとりとじっくり向き合える時間にしたいと考えていますので、多くの学生の皆様と出会えることを期待しています。
東京、新横浜、名古屋、大阪、その他各地で実施しますので、お近くの地区でご参加頂けることを楽しみにしております。
説明会の予約につきましてはリクナビにて予約受付をしておりますので、そちらをご確認ください。
リクナビはこちら

面接で重要視する点は何ですか?

職種に限らず、面接で重要視する点はコミュニケーション力、積極性、意欲・活動面の活発さ、そして真摯な姿勢です。
tdiグループでは人物面を重視した採用活動を行っていますので、面接では是非ありのままの自分をアピールしてください。
その方がこちらも学生の皆様のことをより深く理解できますし、学生の皆様にとっても入社後のギャップを最小限にする等のメリットがあると考えています。

希望職種が複数あるのですが・・・

原則第1希望の職種のみ(その対応する会社)にて選考を受けて頂くことになります。
ただし、選考が進む中で面接官及び採用担当が「こちらの職種の方が適性があるのではないか」「本人の力を十二分に引き出せるのではないか」と判断した場合にはご本人に確認の上、別の職種を勧めさせていただく場合もございます。
そのため説明会終了時に、学生の皆様の可能性を見据えて第2希望までお聞きしております。

一度選考に落ちてしまいましたが、別職種での再応募は可能でしょうか

新卒採用において同一年度での再応募はご遠慮いただいております。ただし、大学院進学後(2年後)の再応募に関しては受け付けております。

OB・OG訪問、会社訪問は受け付けていますか

公平を期すため、OB・OG社員の紹介・会社訪問につきましては、個別の対応は行っておりません。
選考中に先輩社員と接する機会は設けさせていただきますので、その際に質問をぶつけてみてください。
また、採用HPやリクナビにて先輩社員の声を数多く掲載しておりますので、是非ご覧ください。